ジャパン建材株式会社

ジャパン建材 x SDGs

地球と暮らしを考える
Think about living with the earth

私たちジャパン建材は「快適で豊かな住環境の創造」を
企業理念に掲げ、すべての人たちが幸せを感じられる
住まい方や暮らし方を追求して事業を進めています。

トップメッセージ

今、世界中の人々が安心・安全、そして快適で豊かな暮らしを送るために解決しなければならない課題は山積しています。
地球温暖化による気候変動などの環境問題をはじめ、人権、貧困、飢餓、教育など、そのテーマは実に様々です。また、こうした課題は他国で起こっている他人事ではなく、まさに日本国内においても企業や個人が真摯に向き合わなければならない重要なテーマです。

私達は「快適で豊かな住環境の創造」を企業理念に掲げ、全ての人たちが幸せを感じられる住まい方や暮らし方を追求して事業活動を続けています。事業活動に基づく経済的な発展と共に、社会的な課題を解決していくことは、我々の使命とも言えます。

私達は、持続可能な開発目標としてグローバルスタンダードとなりつつあるSDGsに取り組むことで、パートナー企業様とも連携しながら、企業としての発展と社会的課題の解決に努めて参ります。

小川明範社長
ジャパン建材株式会社
代表取締役 社長執行役員

小川明範

SDGsとは

SDGs(持続可能な開発目標)は、2015年に国連が採択した2030年に向けた持続可能な開発に関する地球規模の優先課題や世界のあるべき姿を明らかにした17個の世界共通の目標です。世界で起こる貧困や不平等、気候変動、環境劣化、繁栄、平和と公正など私たちが直面するグローバルな諸課題の解決を目指します。
JKホールディングスグループでは、グループ企業個々の中核事業で解決することができる重要課題を抽出し、2030年を目標として課題解決に向け取り組みます。企業理念「快適で豊かな住環境の創造」を根幹に、サスティナビリティな地球をパートナー様とともに守ります。

ジャパン建材の目指す持続可能な
地球と暮らし

当社は、企業理念「快適で豊かな住環境の創造」を実現させるために、今までパートナー様と共に歩んできました。
今回SDGsに取り組むにあたり、改めてその原点を確認しながら、下記重要課題(マテリアリティ)抽出のステップを元に外部環境などを分析。持続可能性を重視した環境、社会、経済に関わる重要課題を4つ設定し、それぞれに具体的な基本戦略を定めています。

重要課題(マテリアリティ)抽出のステップ

  1. STEP
    自社事業のサプライチェーンにおいて、持続可能性4原則8項目およびFuture-Fit ビジネスベンチマークを活用し、分析して持続可能性に対応出来ている分野、出来ていない分野を抽出しました。
  2. STEP
    ジャパン建材が目指す2030年に実現したい組織の姿(ビジョン)を考察し、予想される外部環境を検証しつつSDGsを自社の成長要素に取り入れるための検討を行いました。
  3. STEP
    サプライチェーンに対する当社独自のサスティナブルアンケートや実地調査を行い、当社を取巻くサプライヤーの環境社会に対する意識を確認しました。
  4. STEP
    これまでのSTEPを社内で検討、ステークホルダーと自社事業の影響度が大きい分野から優先課題を選出しました。
  5. STEP
    優先課題から当社が行うべき目標範囲を設定し、基本戦略と評価指標を検討の後、重要課題を設定しました。
    持続的な社会構築と自社の成長に最も重要な経営課題

ジャパン建材の目標と基本戦略

  1. 地球環境保全への貢献

    私たちは木質系建築資材を主力取扱商品としており地球環境保全には積極的に取り組むべきと考えています。計画的に管理された森林から生産された木材の利用・流通の普及を促進し、同時に環境負荷の少ない環境配慮型商品を市場に浸透させることも積極的に取り組んでいきます。

    基本戦略
    森林資源に対する積極的な情報発信
    エネルギー使用量、廃棄物の削減
    非住宅の木質化
    環境配慮型住宅、商品の市場への浸透
    SDGs目標
  2. 新たなビジネスモデルの構築

    私たちは従来のビジネスモデルを継承しつつ、環境の変化に適応しながら発展していくために、市場に新たな価値(イノベーション)を創造していきます。業種を超えた連携も含め、新たなビジネスモデルの構築にも積極的に挑戦していきます。

    基本戦略
    IoTを利用した快適な暮らし方の提案
    DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進
    異業種、異分野企業とのイノベーション
    SDGs目標
  3. 働きがいの創出と生産性向上
    ~すべてのパートナーとともに~

    私たちは社員育成に力を入れ、新しい働き方にも挑戦します。そして多様な人材が活躍できる働きがいのある職場づくりを推進していきます。今後もすべてのパートナー、地域のコミュニティと健全で公平な連携や交流を活発に行い、ともに成長していきます。

    基本戦略
    行動指針「住」道の実践
    ダイバーシティ推進
    企業価値向上と企業倫理、コンプライアンスの徹底
    取引先の活性化と連携
    SDGs目標
  4. 持続可能な資源調達

    私たちはサプライチェーンを長期的かつ安定的に維持し続けるために、当社が関わる事業活動に起因する環境や社会への負の影響を抽出し適切に管理して軽減します。経済成長と環境保護を両立し、サスティナブルな社会の実現に貢献していきます。

    基本戦略
    責任あるサプライチェーンの構築
    管理された森林資源(森林認証材、J-GREEN)調達と人権保護
    SDGs目標