ジャパン建材株式会社

CERTIFIED WOOD森林認証制度

適切な管理・持続可能な森林資源の利用と保全

世界規模で刻々と失われている森林。その原因の1つとして「違法伐採」があります。
「違法伐採」とは一般的に、国や地域の法令に違反して森林の伐採を行うことを指します。「違法伐採」された木材が流通することで木材価格が下がり、持続可能な森林経営を圧迫するとの指摘もあり、この問題は、環境・経済の両面に多大な影響を及ぼしていると言われています。
そうした中、ジャパン建材では、世界的規模で破壊が進む森林を守るため、国際森林認証制度であるFSC®のCoC認証、及びSGEC/PEFCのCoC認証を取得しました。トレーサビリティー(生産・流通履歴の追跡)が明確な認証製品を全国のお客様にお届けすることで、地球環境の保全に対し貢献できると考えています。

森林認証制度とは

森林認証制度とは、適正に管理された森林から産出した木材などに認証マークを付けることで、持続可能な森林の利用と保護を図ろうとする制度のことです。適切な管理がなされている森林を認証するFM認証と、FM認証を受けた森林から産出された木材製品を、適切に管理・加工していることを認証するCoC認証の2つがあります。

FSC®について

Forest Stewardship Councilの略称であり、日本語の正式名称 は森林認証協議会と言います。1993年に設立された非営利、非政府の組織であり、適切な森林管理の推進を目的としています。

FSCジャパン
FSC®

SGECについて

Sustainable Green Ecosystem Councilの略称であり、2003年に日本の林業・木材産業者はもとより、学会、経済界、環境NPO等国民各会各層の参加のもとで国内認証制度として創設されました。

PEFCについて

Programme for the Endorsement of Forest Certification Schemes の略称であり、1999年パリにて発足、持続可能な森林管理の促進を目的としNGOであるPEFC評議会によって運営されています。

SGEC/PEFCジャパン

※現在はSGECとPEFCが相互認証となりSGEC/PEFCジャパンが管理団体です。

SGEC

森林認証制度への基本方針

ジャパン建材株式会社(以下当社という)は、「快適で豊かな住環境の創造」という企業理念を果たすため、環境改善活動を経営の重要事項の一つと考え、その実行に向け次の基本方針に従って森林認証マニュアルを策定し、お客様の満足と安心を提供できるように常に努力します。

  1. 当社は、森林認証製品の取扱に関して、お客様が安心して当社に取扱いを委託していただけるよう適切な管理をいたします。
  2. 当社は、林産物のCoC認証の要求事項を遵守し、森林認証製品の取扱い業務を遂行いたします。
  3. 当社は、森林認証製品の取扱いに関して統括責任者を設置するとともに、役員を含む全社員に遵守すべきマニュアルを定め、周知徹底及び啓発活動を行います。
  4. 当社は森林認証マニュアルについて定期的に監査します。また当社の業務内容、社会情勢、情報システム等の変化に適合するように継続的に見直しを行います。

平成21年12月15日制定
平成25年4月1日改定

ジャパン建材株式会社
代表取締役 社長執行役員
小川 明範