森林認証制度について

かけがえのない森林を守るためにできること

かけがえのない森林を守るためにできること

世界規模で刻々と失われている森林、その原因のひとつとして、海外で違法に行われている無秩序な伐採、いわゆる「違法伐採」があります。

違法伐採とは一般的に、それぞれの国・地域の法令に違反して森林の伐採をおこなうことで、無許可で伐採をおこなう盗伐だけではなく、国や地域が許可した条件に違反して伐採をおこなう場合もこれに含まれます。

違法伐採された木材が流通することで木材価格が下がり、持続可能な森林経営を圧迫するとの指摘もあり、この問題は、環境・経済の両面に多大な影響を及ぼしていると言われています。

そうした中、ジャパン建材では、世界的規模で破壊が進む森林を守るため、森林認証制度であるFSC®のCoC認証、及びPEFCのCoC認証を取得しました。

トレーサビリティー(生産・流通履歴の追跡)が明確な認証製品を全国のお客様にお届けすることで、地球環境や生物多様性の保全に対し貢献できると考えています。

森林認証制度とは?

森林認証制度とは?
画像をクリックすると拡大します。

環境に配慮しない乱開発、違法伐採から森を守る国際的な取り組みとして「適切に管理された森林」を認証する制度。 森林認証制度には「森林の管理の認証(FM認証)」と「生産、流通、加工の管理の認証(CoC認証)」があります。

CoC認証とは、FM認証された森林から伐り出された木材が、加工から流通の段階において他の木材と混ざることなく管理されているかを認証する制度です。 森林から消費者までの全過程を管理することにより、違法伐採された木材の流通を予防しています。

FSCについて
画像をクリックすると拡大します。


FSC®について

Forest Stewardship Councilの略称であり、日本語の正式名称 は森林認証協議会と言います。1993年に設立された非営利、 非政府の組織であり、適切な森林管理の推進を目的としてい ます。


PEFCについて

Programme for the Endorsement of Forest Certification Schemes の略称であり、1999年パリにて発足、持続可能な森林管理の促進を目的としNGOであるPEFC評議会によって運営されています。

快適住実の家

新規登録

会員の方はこちらからログインください

ログイン(工務店様)

ログイン(住宅所有者様)